この青と緑の球体は同じ色‥?ドットと背景の色を抜いて実際に検証してみた結果 | ねたペディア

この青と緑の球体は同じ色‥?ドットと背景の色を抜いて実際に検証してみた結果

カルチャー

どのように見ても青色と緑色の球体です。

 

投稿をみた人たちの様々な検証

 

 

動画による実験

 

 

正解?ドット柄と背景を抜いてみた

ドットと背景を抜いた後でも、若干ですが色が違うように見えます‥

右側の球体は緑系が混ざった青色になっています。

 

 

他の錯視画像

 

 

ムンカー錯視とは

錯視の種類には様々ありますが、今回利用しているのは「ムンカー錯視」と呼ばれるもの。

周りの色から同じ色あいの色に誘導される「色の同化」と、反対の色あいに誘導される「色の対比」によって、色が「違って見える」と考えられています。

ナゾロジー

 

 

見ているのは目ではなく脳

私たちが外の世界を知覚するとき、その役割を担っているのは脳以外にはありません。網膜ではないのです。網膜は光センサーですから、入ってきたデータを視神経を通じて脳に伝えるだけなのです。

実は目の見えない人にも視覚皮質はあります。目からは情報は入ってきませんが、イメージング技術(脳の活動を外から計測・画像化する方法)を用いて調べてみると、点字を読んでいるときに視覚皮質が活動し、「見る」行為をしています。物が見えているのは学習の結果です。

ですから網膜に問題があって目の見えない人でも光センサーによって脳に直接にデータが入力されるようにすれば、外の世界と中をつなぐように脳が変化し、目の見える人とは違う回路かもしれませんが、結果としては同様な視覚体験ができるだろうと考えられています。

京都産業大学

 

 

まとめ感想 

私たちの視覚は、脳で物事を判断しているということでした。

ますます人間の構造の謎が深まりました。

 

ぬこ様
ぬこ様

視覚情報もう信用できないよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました